最低限やっておきたい!お洒落ビジネスマンのスーツ講座
705 ❤

ビジネスマンの基本アイテムといえば、スーツですね。
スーツを着こなしているビジネスマンは、仕事もとってもできそうに見えるものです。

逆に間違った着こなしをしている方は、仕事上のイメージダウンにつながってしまうこともあります。
イメージアップにもイメージダウンにもつながる必須アイテムスーツを上手く活用してお洒落ビジネスマンになりましょう。


ワイシャツ


449
着こなしで重要なポイントのひとつがワイシャツの「袖口のバランス」です。
ジャケットの袖からシャツの袖が1センチから2センチ程度覗くようにサイズを選びましょう。
袖からシャツが見えていない状態は少し野暮ったく見えてしまうこともあるので気を付けましょう。

またワイシャツは清潔感も大切です。
襟や袖に汚れが目立つのはNGですし、きちんとアイロンをかけたパリッとしたワイシャツを着ましょう。




Sponsored Links


ジャケット


444
着こなしのポイントのふたつ目が「ジャケットのサイズ」です。
ジャケットの肩山と自分の肩のトップがぴったりと合っているかチェックしてサイズを選びましょう。

目安としては1センチほどつまめる程度です。
肩がぴったりあっているだけで、お洒落に近づけますよ。

次に胴回り、ジャケットは手のひらが滑り込む程度の余裕があれば大丈夫です。
余裕がありすぎても、逆にぴったりすぎてもお洒落に見えなくなってしまいます。
試着をして体のサイズに合ったジャケットを選びましょう。

続いて着丈です。
着丈はちょうどお尻が隠れるくらいがビジネス用としてぴったりです。
着丈が短いとモードファッションのようになってしまうので、ビジネスファッションには不向きです。


パンツのサイズ


445
次にパンツです。
パンツの着こなしは、おへその下にウエストがある位置を目安に腰骨で履くのがポイントです。

パンツを着てポケットに指を入れて軽く下に下げて落ち着かせる位置が正しい位置になります。
パンツのウエストはポケットが開かずにベルトを締めても無駄なシワができないきつすぎずゆるすぎないサイズがベストです。

またパンツの丈は着こなしでもっとも重要な部分で、靴の甲にパンツの裾が当たるくらいの丈に合わせるようにしましょう。
あまり長すぎるとだらしない印象になってしまうので気をつけましょう。
最近は少し短いくらいが流行りです。
スタイリッシュでお洒落にパンツを履きこなしましょう。


ソックス


448
続いて、ソックスです。
パンツの裾から覗くソックスもお洒落に着こなすのには大切なポイントです。
スーツや靴の色に合わせてソックスの色を選ぶのが大事です。
中でも白はNGです。

またソックスの長さは椅子に座ってスネが見えないような丈を選びましょう。
もちろんソックスが汚れていたり、穴が開いているなんてことは論外です。




Sponsored Links


ネクタイ


443
最後にネクタイです。
ネクタイは結び目にくぼみをつけてあげるのがポイントです。
立体感が出てお洒落な印象になります。

どうしても立体感が出せないという場合はネクタイピンを使ってふくらみを演出しても良いでしょう。
ネクタイはその人のセンスやキャラクターを表現する重要な部分なので、カラーやデザイン選びは重要です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る