男なら「初デート」を成功させるための3つの事前の心得
1270 ❤

気になる女性と「初デート」…
男性にとっては、イイところを一番見せなければいけないときです。

どうやって彼女を誘おうか…
デートはどこに行こうか?…
何を着て行こうかな?…

などなどと、色々悩んでしまいます。
そこで「初デート」を成功させるため心得に関してご紹介しましょう。


1:「デートはハッキリ具体的に誘う!」


1555
突然、女性に面と向かって「オレとデートしてください!」…
という誘い文句は、さすがにストレート過ぎますが、デートはハッキリと具体的に誘うことが重要です。
あまりにストレート過ぎなのは、女性の方も「軽い気持ちではOKできないな…」、「真剣過ぎて怖すぎる…」と肩ひじを張ってしまうことでしょう。

それよりも「美味しい〇〇が食べられるお店があるんだけど、一緒にどう?」や、「△△のチケットがあるんだけど、一緒に行かない?」などの具体的なプランを提案したデートの誘い方であれば女性もOKしてくれる可能性がグンと上がります。

この理由は単純に「美味しい食事が食べられるなら…」、「舞台を観に行くなら…」と心が動くからなのですが、実はもっと女性の深層にはデートに行った理由が欲しいのです。

女性同士がカフェ会話しているのを想像してみるとわかりますが、女性は「おごってくれるって言うから行ったんだよね~」とか「〇〇が食べたかったから~」とか、単に誘われてデートしたのではなく、ちゃんと理由があったから行ったのだと言い訳したいからなのです。
ですので、デートに女性を誘うときには、この理由(言い訳)を付けてあげれば、成功する確率が上がるのは当然なのです。




Sponsored Links


2:「冒険したファッションはしない!」


1553
デートのときのファッションにはどうしても気合いが入ってしまいます。
普段から着慣れている服よりも、一張羅(いっちょうら)やこの日のために新調した服を用意している人もいるでしょう。

しかし、ここで冒険は禁物です。
なぜなら女性は男性よりもはるかにファッションにうるさく、またファッションセンスでその人の性格やイメージを決めてしまうからです。
そのため特に初デートでは冒険したファッションは止めておきましょう。

また職場などの女性をデートに誘うときには、普段のスーツのイメージと私服のイメージとのギャップがあまりにもかけ離れていると、「この人、会社とプライベートでは全然違うのね…」と驚かれてしまう可能性もあるのです。

そのためファッションにあまり自身のない人は、スーツデートでも問題はありません。
ただし、スーツデートの場合は女性に一声かけましょう。

デートであなたがスーツなのに、女性のファッションがTシャツなどラフな服装だと、二人のつり合いや周囲からの目線を女性は気にしてしまいます。
そうすると女性もデートに集中できませんし、「なんでこの人スーツなのよ…」と思わせてしまうかもしれません。
初デートのファッションは絶対に気を付けなければいけないポイントなのです。




Sponsored Links


3:「待ち合わせ時間は午後にする!」


1554
デートは昼間からでも、何かレジャーランドに行く場合には朝から待ち合わせという場合もあるでしょう。
しかし、特に理由がなければ待ち合わせ時間は「午後」がおすすめです。

なぜなら初デートの場合は元々気が合っていた二人でもない限り、結構な確率で会話が途切れてしまうから…
あまり早い時間から待ち合わせをすると、ただ沈黙のままの時間が多く生まれ、女性に「今日のデート、あまり楽しくなかったな…」という印象を与えてしまうことがあるのです。

そのため初デートの場合は夕方頃に待ち合わせをして、そのままディナーに行き、その後はブラブラして帰るか、盛り上がればもう一軒というコースで良いでしょう。
もちろん応用編で、昼間に待ち合わせて映画を観て共通の話題をつくっておくという手もあれば、ディナーの後にバーやカフェ、カラオケなども想定しておいても良いでしょう。

大事なことは初デートで女性を楽しませ、「次も行きたいな…」、「楽しかったな…」と感じさせることなのです。
そう思わせるデートプランであればデートする前から成功は見えています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る