モテる男は常に恋愛感と二通りのTPOを持っている件
303 ❤

モテる男はどうしてモテるのか?…
そんなことを考えたことはありませんか。

顔、金、仕事や地位…
それだけではない、モテる男には何かがあるのです!
ここでは、そんなモテる男が常に持つ「恋愛感」と「二通りのTPO」についてご紹介しておきましょう。




Sponsored Links


男が女に対して持つべき恋愛感



「馬子にも衣装」という言葉があります。
誰でも身なりを整えれば立派に見える…
という意味です。

これは、男女関係でも非常に大事なことわざです。
英語にも、”Clothes make a man”(衣装は男をつくる)、 “Fine feathers make fine birds”(良い羽は良い鳥をつくる)という似た表現があるところを見ると、世界共通の認識でしょう。
「衣装は男をつくる」という表現は「馬子にも衣装」よりわかりやすいと同時に、身近な教訓となります。

例えば、一時期より太ったため、これまでの服が着にくくなってきましたとしましょう。
まだそれほど古くなっていないスーツなので、ムリして着ていると、バッタリ艶っぽい話と縁遠くなってしまった…
こんなことがあるかもしれません。

この理由はどこかに引け目があると、自信が持てなくなってしまうからです。
デートをしたいと思いながらも、やや窮屈なスーツを着ている引け目から、積極的に女性を誘えなくなったのです。

それは服装だけにかぎりません。
仕事で失敗したり、友人に非難されたり、何かのきっかけで自信がなくなってしまうと、すべてがマイナス方向に傾いてしまうのです。

そしてこれは女性も同じで、「今日はきれいだな」と思ったその日に声をかけると、うまくいくものです。
一方で、適当な服装に日であれば、女性はまちがいなくイヤがります。

またデート当日の女性の服装によって、遊びに行くTPOを考え直さないといけません。
ジーンズなのにホテルのレストランに連れていったり、白いワンピースなのにラーメンに誘っては、女性を怒らせる結果になりかねません。

中年の女性とデートするときは、まっ昼間は避けるべきでしょう。
小ジワや厚化粧を気にしていますから、ソフト・フォーカスのレンズをかけるような慎重さが大事なのです。
反対に、まだ社会に出たばかりで食事のマナーも知らない若い女性を、フランス料理店に連れていくような野暮なまねはしないようにしましょう。

この感覚、恋愛感が大事なのです。
この恋愛感がわかる男性には、女は向こうから近寄ってくるはずだからです。
それは男性が、彼女の自信ある点を早く的確に見つけだす目を持っているということであり、それに合わせられる柔軟性を持っている…
ということだからです。




Sponsored Links


デキる男はデートのときもTPO



そのためには常に二通りのTPOを備えておくことが必要となります。

Time(時間)
Place(場所)
Occasion(場合。Opportunityと使われることも)

結婚式のスピーチでも、上手な人は必ず二通りの話を用意しておき、盛り上げるときはこちら、しっとりした話をした方がよいときは、もう一つの話を持ちだす…
と使い分けています。

ダメな男性はまったく用意していかないか、あるいは用意しても一種類なのです。
しかし披露宴は、その場に行ってみなければ雰囲気はつかめません。

政財界の大物がそろった席なのか、田舎のお年寄りたちがメインの会なのかは、そのときでないとわかりません。
TPOにふさわしい祝辞をいえなかったら、男性の価値は下落するだけです。

デートでも二通りのコース、二通りの会話の材料を用意しておけば、彼女の服装やその日の気分に合わせることが十分可能になるでしょう。
コトを巧みに運ぶ男性は、やはりそれだけ目配りの利いた準備をしているものなのです。

Sponsored Links

この記事の著者

mensedgeMEN’S EDGE編集部

MEN’S EDGE(メンズエッジ)は、「仕事や恋愛で他人と少しでも“差(エッジ)”をつけたい!」と考えるビジネスマンを全力で応援するメディアです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る