義両親が入院…お見舞い金はいくら?3000円ではちょっと失礼?

奥さんの両親、つまり義理の両親…
義両親がもし入院したら、あなたは当然お見舞いに行くかと思います。

しかし、その際にお見舞いの品やお見舞金を持っていく事もあるでしょう。
さて、その際にお見舞金は一体いくらが妥当なのでしょうか?




Sponsored Links


義両親が入院した時のお見舞い金はいくら?


1009
実の両親の場合はさほど気を使わなくても大丈夫なのですが、義両親ともなると話が違ってきます。
特に入院などの事態にはその時の対応によって大きくイメージをアップさせることも、またその反対に悪い印象を持たれてしまう可能性が高くなります。
そのために、お見舞い金の相場観というものをおさえておくことが重要です。

一般的に入院して治療を行うには多額の費用が発生します。
もちろん医療保険などに加入していればある程度の金額はまかなえますし、高額治療費の自己負担額の上限も定められていますが、やはりお見舞いの気持ちとして渡すためには、3000円では少なすぎると言わざるを得ません。

自分の立場として置き換えてみると、その金額はあまりにも心もとないと感じませんか。
やはり義両親とは言え自分の親であることには違いありません。最低でも5000円、できれば1万円から2万円程度を包むのがベターです。




Sponsored Links


義両親が入院した時に心がけること


1010
さて、義両親の入院お見舞いの際に心がけることはどのようなことがあげられるでしょうか。
もちろん、一番しっかりと振る舞わなければならないのは実の子供である配偶者であることは当然ですが、その動きをサポートするという姿勢をしっかりと見せて、安心感を与えてあげるということが最も大切なことです。

病院の中にいるとどうしても心細くなってしまい、些細な事に関してもいつも以上に気になったり不安になったりするものです。
特に夫婦の連携がギクシャクした状態ですと、大きな心理的負担をかけてしまいます。

お見舞いの時には、夫婦揃って大丈夫なところを見せ、心配をかけないようにするというのが最大の孝行です。
もちろん、必要なものの買い出しや話し相手になってあげるなど、細やかな心配りも大切となってきます。気持ちを込めてお見舞いに向かいましょう。




Sponsored Links


まとめ


1012
義両親の入院は、できればあってほしくはない事態ですが、病気やケガはいつ発生しても不思議ではありません。
そのようなとっさの事態に対してどのように対処ができるか、普段から心づもりはできているかということがいかに大切か実感することとなるでしょう。

お見舞い金は極端に少ない額は論外であり、社会人として常識的な金額をお見舞い金として渡すこと、病院内での振る舞いは落ち着きのある頼もしい態度をとること、不安を与えないように配慮することなどが重要となります。

それらのことをきちんと実行して、病気の回復を心から願うという姿勢を見せることによって、これまでの関係がさらに深く強固なものとなっていくことは間違いありません。まさに災い転じて福となすということです。

また自分たち夫婦の絆も同じように深められていくことになるでしょう。
このような非常事態にこそ、夫婦の真価が問い直されるのです。




Sponsored Links

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PR

PR

ページ上部へ戻る