運転免許の学科試験に一発で合格する方法とは?!
39 ❤

車を運転できるようになるには、当たり前ですが、運転免許証が必要です。

そして、運転免許を取得するには、実技試験と学科試験両方に合格しなければなりません。

まずは学科試験に受からないと実技試験に進めませんが、もし学科試験に落ちた場合は、恥ずかしくて周りに言えない…という人もいます。
しかし、誰でもすぐ簡単に合格できるわけではなく、なかなか受からず次に進めない…という人も多いのです。

受験料もただではありませんし、できれば一発で受かりたいですよね。

そこで、なかなか試験に合格できない、できれば一発で受かりたい!という方の為に、オススメの裏技をご紹介します。




Sponsored Links


運転免許の学科試験に合格する方法とは?!


冒頭でもお話しした通り、運転免許を取得するには、まずは学科試験に受かる必要があります。
学科試験には仮免許と本免許があり、どちらも○×で答える正誤問題の形式です。

仮免許は制限時間が30分で問題数は50問。
1問が1点配分で50点満点中45点以上で合格となります。

一方、本免許の学科試験は、制限時間は50分で問題数は100問。
仮免許同様1問1点で、100点満点中、90点以上で合格です。

本免許の試験は、全ての学科項目から出題されるので、難易度は仮免許よりも高くなり、合格率は受験者の6〜7割。
つまり3〜4割が不合格となってしまいます。

もし学科試験で落ちたら恥ずかしい…と思っている方も多いかもしれませんが、実は3回目、4回目でようやく合格した人は珍しくありませんし、いま現在も落ち続けている人もいるでしょう。

そんな人に参考書などでよく勉強しましょう、などと言うのは簡単な話です。
今度こそはと改めて受験料(仮免\2850円、本免\2200円)を払い試験に臨み、それでも合格しなければ泣くに泣けません。

そこで筆記試験にどうしても通らない、あるいは一発で合格したいという方にオススメの裏ワザがあります。
学科試験当日の朝、予測問題を教えてくれる通称「裏校」を受講する事です。

運転免許センターに一度でも行ったことのある人なら、「うちで勉強していきませんか?」と勧誘を受けたことがあるかと思います。
彼らこそが「裏校」の人間ですが、大半は予測するだけで数問が的中でする程度。

しかし、「免許ゼミナールサ◯◯◯」の名前で全国の免許センター付近で展開する学校は精度が抜群です。
何でも、学科試験は週に3パターンほどをローテンションで回しており、「サ◯◯◯」は、なぜかそれを見事に的中させるのです。

免許センターの午前中の試験は朝8時から。
それに間に合わせるため「サ◯◯◯」は午前5時30分から営業開始しています。
2時間ほどの講習で料金は約5000円。

ここで、予測問題と解答を頭に叩き込めば、合格率は約9割以上に達します。
その自信の表れか、同校では初回に限り、不合格になった人に受講料を全額返金しているといいます。

時間とお金を考えれば、利用しない手はありません。

このようなものを利用するのは違反ではないのか?と心配される方もいるかもしれませんが、ここで受講し試験に臨むことは違法ではないので、ぜひ安心して利用してみてはいかがでしょうか。




Sponsored Links

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る