ワンルーム投資は儲からない?ワンルーム投資の失敗例
1004 ❤

みなさんは「ワンルーム投資」を知っていますか?
文字通りワンルーム単位の投資なのですが、個人でもサラリーマンでもできる敷居の低い不動産投資のことです。

これから高齢化社会に入り、税金や社会的な負担は我々のような若い世代にのしかかってきます。
そんなとき、今の仕事で入る給料だけではなく、他からの収入があれば老後もかなり安心することができます。

今回はそのための一助となるような「ワンルーム投資」に関して、少し学んでおきましょう。




Sponsored Links


ワンルーム投資とは?


1582
真面目にコツコツ働いていれば、自然に給料は増えて、将来は楽な暮らしが出来ると漠然と考える人も少なくないでしょう。
ですが、収入というのは、希望通りに増えていかない事があります。
その場合、節約をするという方法もありますが、将来を豊かに過ごしたいなら、しておきたいのが増やす事です。

その為に有効な方法がマンションの一部屋を購入し、貸し出していく方法です。
最初に購入する為の費用はかかる事になりますが、その部屋を借りる人が現れれば、そこからは家賃収入が毎月自動的に入ってくる事になります。

最初は購入にかかった費用を取り戻す形になりますが、常に人が住んでくれている状態になれば、初期費用を取り戻し、そこから先、毎月の家賃は、立派な副収入へと変わっていきます。
将来の為にお金を増やしたいと考えた時、マンションの一部屋を購入するという方法は、有効な方法のひとつです。




Sponsored Links


ワンルーム投資は儲からないの?


1585
マンションの一部屋を購入して貸し出し、家賃収入を得ていくというのは、副収入を得る為に有効な方法です。
ただ、儲からないのではないかという不安を持つ人は少なくありません。

儲けが出るか出ないかは、マンションの部屋の選び方、購入の仕方によって大きく変わってきます。
新築マンションの方が、入居したいと考える人が現れやすい状態になりますが、新築マンションは高く、家賃で購入費用を取り戻す事は簡単ではありません。

ですから、購入の時点で新築を選ぶと儲からない可能性が高くなります。
それに対して、中古物件は、比較的手頃な物件もあり、初期費用を回収しやすい事が特徴です。

ただ、立地が悪い、条件が悪い物件の場合、借り手が見つからない可能性があります。
ですから、マンションの部屋を選ぶ時には、多くの人が借りたいと考える部屋を選ぶ事が重要です。




Sponsored Links


ワンルーム投資に失敗する原因


1583
マンションの一部屋を購入した後、失敗をしてしまう原因となるのが、借り手が見つからない事、手放す時に購入時よりも価格が大幅に下がってしまう事です。
とても立地の良いマンションの部屋であれば、借り手は次々見つかり、常に家賃収入を得られる状態となりますが、立地が悪い、条件が悪いと、借り手が見つからないだけでなく、家賃の値下げ交渉に応じなければいけない状態になる事もあるでしょう。

上手く家賃収入に繋がらないと感じ、その部屋を手放したいと考えた時、購入時と同じ価格で売れるかと言えばそうではなく、更に安い価格でしか売れない事になってしまいます。
売却の価格とそれまでの家賃収入が購入時の価格よりも下回れば、その差額は損失です。

ワンルーム投資で失敗をしたくないと考えるのであれば、住みたいと考える部屋かどうかを考えて購入すると良いでしょう。




Sponsored Links

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る