「成熟度モデル6段階」で業務レベルを標準化せよ!
1180 ❤

自社の業務レベルをチェックしたい時…
業務改善に関する課題をピックアップしたい時…

そんな時には「成熟度モデル6段階」で業務レベルを標準化して、共有するためのプロセスを検討してみましょう。




Sponsored Links


「成熟度モデル6段階」とは?


2124
業務改善は、業務の効率や組織力を高め、製品力の向上につながるなど、企業活動の必須項目の一つです。
「成熟度モデルの6段階」で、改善の度合をチェックします。

■成熟度レベル0:無策
これ以下はないという混乱した状況。

■成熟度レベル1:個別対応
業務プロセス確立の必要性は認識されているものの、全体としての活動はなく、個人ごとに改善を行っているレベル。

■成熟度レベル2:一部対応
意識の共有は進んだものの、標準化についてはベテラン層や意識の高い一部の人たちだけで進行している状況。

■成熟度レベル3:標準化初期段階
標準化が進み、文書化された手順が、研修などで皆に共有されている状況。

■成熟度レベル4:モニタリング実施
業務プロセスが定着、実施され、成果や改善状況についてモニタリングがされている状況。

■成熟度レベル5:最適化完了
業務プロセスの改善が何度も実施され、最適化が進んだ状況。最も業務改善が深まった最高レベル。

自社の成熟度を確認することが業務改善への第一歩です。
まずはレベル3に定着することを目標とし、いずれは最高レベルへ到達をしたいところです。




Sponsored Links


「成熟度モデル6段階」の例


2123

レベル5:業務プロセス改善により最適化され、スタッフ全員が改善のスキルを持つ
レベル4:業務プロセスが常にモニタリングされ、組織的に改善されている状態
レベル3:標準化が進み、手順が文書化され、研修などを通じて皆で共有されている
レベル2:ベテラン社員は手順を確立しているが、全員では共有されていない
レベル1:標準化の必要性は認識されているが、誰も標準的な手順を確立していない
レベル0:業務プロセス標準化の必要性すら認識されていない

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る