ビジネスの「うまい誘いの断り方」はしっかり学んでおくべし
314 ❤

ビジネスの世界では、様々な誘惑があります。
つまり他の人からの「誘い」です。

この誘いを全部受けていては身が持ちません。
そのためビジネスの場で「うまい誘いの断り方」をしっかり学んでおく必要があるのです。


「送迎会」や「新年会」の断り方


3047
社内の人から勤務時間外の飲み会に誘われたときは、どうしたらいいのでしょうか?…
「送迎会」や「新年会」などは、会社の福利厚生費から補助が出た公的な性格のものもあります。

自分がお酒を飲むか飲まないかにかかわらず、会社や部署の公的な会には基本的には、それ以外もビジネスの仲間ならばできれば3回に1回くらいは参加するべきでしょう。
本当に嫌なら、3回以上断り続けると誘われなくなるものです。

断るときは「ありがとうございます。せっかくお誘いいただいたのにあいにく今日は都合が悪くて…、申し訳ありません。またぜひ誘ってください。」と丁寧に伝えましょう。

まず誘ってもらったことへの感謝を述べ、断りはそのあと…
理由は具体的に言いにくければ「都合が悪い。」、「はずせない用事がある。」で充分です。
断られるのは気分がいいものではありませんが、「また誘って」と言うことで印象はずいぶんよくなるのです。




Sponsored Links


「喫煙」の断り方


3177
「タバコを吸ってもいいですか?」と言われたら、海外では「いいえ、迷惑です。」「ご遠慮ください。」と、きっぱりNOと言う人も少なくありませんが、多くの日本人なら拒否しないでしょう。
人も少なくないが

しかしビジネスでは、NOと言わなければならない場合がかならずあります。
その場合も「できません。」や「わかりません。」という、ストレートな言い方はしません。

「いたしかねます。」や「わかりかねます。」と、不可能を示す「かねます」で、ていねいに断るのです。
これは最後が「ます」で終わるので、拒否された印象を与えることなく、しっかりNOを言える便利な言葉なのです。

あからさまに主張せず、奥ゆかしくものを伝える日本語ならではの「ぼかす技術」だといえるでしょう。
仕事の場面で使いこなしたい言葉の一つですね。




Sponsored Links


「名刺」の断り方


2307
ビジネスシーンでは、あなたが新入社員でまだ何の力がなくても、会社の名前にひかれて近づいてくる人もいます。
個人的な欲で近づこうとする人とは距離をおいたほうがいいこともあるでしょう。

その場合、相手が名刺を渡してあいさつしてきても、「申し訳ありません。あいにく名刺を切らしておりまして。」と無難に切り抜けることです。
ビジネスには嘘も方便です…

「あいにくその日は先約がありまして。」や「申し訳ありませんが、本日はご予約でいっぱいで。」など、相手を傷つけずに断る言い方を身
につけておくと良いでしょう。

Sponsored Links

この記事の著者

mensedgeMEN’S EDGE編集部

MEN’S EDGE(メンズエッジ)は、「仕事や恋愛で他人と少しでも“差(エッジ)”をつけたい!」と考えるビジネスマンを全力で応援するメディアです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る