おすすめです!30代男性が入る平均的な生命保険のあれこれ
475 ❤

20代の頃は気にもしなかった生命保険も30代になれば少し気になってくる人も増えてくるかと思います。
特に周りで生命保険に入っている同僚や友人がいたり、結婚した仲間がいると生命保険の話題が出てくることもあるでしょう。

そのため特に30代男性が入る平均的な生命保険について今回は考察してみたいと思います。
特に30代男性が入るべき、おすすめ生命保険に関しても考えてみましょう。


30代男性が入る平均的な生命保険


1081
30代男性が入る平均的な生命保険といえば、やはり万一の死亡保障があるものが最も一般的です。
住宅ローンや子どもの学費が必要になるため、そこから逆算していくらお金を残せばよいのかを算出して、その金額を保障してくれる生命保険に入るという考えで、多くの男性は加入を決定しています。

終身タイプのものもよいのですが、年齢が上がるにつれて貯蓄額が増えたり、子どもの教育費がかからなくなってきます。
また10年単位で保障が継続されるものがおすすめです。
概ね50代になると教育費の負担が少なくなってきますので、50代になったら保障額が下がる代わりに保険料も下がるようなタイプのものや、50代で払い込み終了となる生命保険を検討すると、ライフステージに応じた柔軟な保障が受けられると言えるでしょう。

30代の男性の場合、平均余命は50年ほどありますが、年齢が上がっていくにつれて家計も縮小していく傾向にありますので、その時々に必要な保障が得られるものがおすすめです。




Sponsored Links


男性におすすめの生命保険


338
30代に限らず、男性におすすめの生命保険を挙げるのであれば、家族構成に応じて死亡保障額を決定し、必要な保障が得られる保険に加入することをおすすめします。

家計の平均支出を分析すれば、いくらの保障があれば何年保険金で家族が過ごすことができるのかが概算で分かるため、その金額を補保障してくれる死亡保障のタイプの商品を選択すればよいでしょう。

保険料以外の支出もある場合は、解約返戻金が少ないか、ないタイプの商品を選択することで保険料の額を抑えることも可能です。
貯蓄性も求めたいという場合には、生命保険と学資保険に加入して、万一の場合の生活保障と子どもの学費の準備を両立するようにしていけば、家計の不安も少なく出来るでしょう。

学資保険で教育費を積み立てておけば、後は生活保障が受けられれば万一の際の生活に不安も取り除くことができます。
男性の場合、一家の家計の中心でもありますので、生活保障の部分が手厚い商品が望ましいでしょう。




Sponsored Links


まとめ


1010
30代におすすめの保険商品は、以上のように死亡保障が手厚いもの、次いで学費の準備ができるものという視点で選択すれば、必要な費用は保険でまかなうことも可能になります。

年齢が高くなってきたら死亡保障の部分を減額して医療保険に置き換えるなどしていけば、ライフサイクルに応じた保障を得ることが可能になるといえます。
保険は万一の時の備えだと考えた場合、30代で検討した方がいいのは死亡保障がしっかりしているものといえます。

医療保険も加入したいと思われるかも知れませんが、平均的にこの年代は医療費が高額になるということはあまりありませんので、この部分は貯蓄で補うという考え方も選択肢の一つです。

保険料の負担が大きくなりすぎないようにしながら、死亡保障部分の金額を大きくする商品もありますので、加入を検討される場合は死亡保障をメインに考えて、他の保障が保険料負担と相談しながら設計していくとよいでしょう。
もちろん、家計を圧迫しない保険商品を選択することが重要です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る