海藻を食べても髪の毛を増やす効果など全くない?!
208 ❤

一昔前だと、海藻を食べると髪の毛が増える…
総じて、薄毛や脱毛の効果があるとされてきました。

しかしこの点、今ではどのように評価されているのでしょうか?

そこで今回は、海藻を食べても髪の毛を増えるのかどうか…
その効果の有無に関して、お話したいと思います。




Sponsored Links


海藻を食べても髪の毛を増やす効果など全くない?!



海藻類が髪の毛を増やすというのはまゆつばものの話です。
実は、我が国の海藻類の摂取量は年々減っているのですが、薄毛の男性が増えたというデータはありません。

そもそも髪の毛のほとんどはタンパク質で構成されているですが、その生成には様々なミネラルやビタミンが必要なのです。
たしかに、海藻には豊富なミネラルや食物繊維が含まれてはいますが、だからといって、発毛を促進するような効果はないのです。

他にもそんな効果を期待できる特定の食品は見つかっておらず、今後も見つからないだろうというのが専門家の共通した見解なのです。
結局、栄養バランスの良い食事が、髪の毛の生成に必要だということになるのです。

食生活だけでなく遺伝、ストレス、スキンケア、ホルモンバランスなど、薄毛の原因と思われる要素はいくつも挙げられるのですが、実際はこれといった決め手はありません。

近年、注目されているのがAGA(男性型脱毛症)があります。
こめかみから上の脱毛による生え際の後退と、頭頂部の脱毛、薄毛が特徴のいわゆる「M字ハゲ」がAGAの典型例です。

現在はAGAの治療には、ミノキシジルとフィナステリドという薬が用いられています。
そもそも、前者は高血圧患者のための血管拡張剤として、後者は前立腺肥大の治療薬として処方されていたものです。

しかし、服用者に共通して、薄毛の改善という「副作用」が見られたため、調べてみると、発毛効果が確認されたのです。
それほど偶発的に見つかったものなのです。

ちなみにフィナステリドは女性には効果がないといわれています。
特に妊娠中、妊娠予定の女性は、胎児に悪影響があるため、接触も避けなければなりません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る