職場の上司に嫌味なく「ごますり」する方法を会得せよ!

仕事の評価は何も成果を上げることだけではありません。
職場の人間関係やコミュニケーションも、成績以上にとても大切なものです。

なぜなら会社の売り上げや運営は多くの人によって成り立っているから…
つまりエッジの効いたビジネスマンであれば成績を上げるだけでなく、職場の人間関係にもしっかりと目を向けなければなりません。

そこで、ここでは職場の上司に嫌味なく「ごますり」する…
そんなエッジの効いたビジネスマンになるための方法をご紹介しましょう。


人が気づかないような長所を褒める


a6
まず職場の上司に嫌味なく「ごますり」する方法として、人が気づかないような長所を褒めるのはとても効果的です。
嫌味もありませんし、周りからごますりをしているというようなことを感じさせることもありません。

このときに大切なことは、そんなにたいしたことではない小さなことにしておくことです。
あまり大げさなことだと誰もがあざといと感じてしまうので、ほんのちょっとのことを褒めるぐらいにします。

出来れば本人も自覚していないようなことがいいでしょう。
褒めることは別に仕事と関係のある事でなくてもかまいません。

普段の何気ないようなことでも褒めてもらえば悪い気はしないものです。
出来れば褒められていることが本人も分からないようなことでもいいかもしれません。

なんとなく話をしていて気分がいいなと感じさせるようなことが出来ればいい感じになっているということがいえるでしょう。
それなら周りにも不快感を感じさせません。




Sponsored Links


みんなの噂を伝える


a4
また、職場のみんなの噂を伝えるのもいいでしょう。
上司は職場の雰囲気というものを知りたがっています。

自分がどう思われているのか、うまく人間関係が出来ているのかというようなことは誰もが気になるところです。
その気になるところを教えてあげれば上司は当然喜びます。

これは、ちょっとした噂ぐらいのもので十分です。
何も知らないということが上司は嫌なだけですから、ちょっとしたことを伝えてあげればそれで満足してくれます。

逆になにかの証拠を元に告げ口にのようなことをするのは避けた方がいいでしょう。
特に周りの人の悪口となるようなものはあまりよくありません。

ちょっとした噂が耳に入ることで上司は自分も職場から仲間外れにされていないということが分かって満足するのです。
あからさまな告げ口のようなものは基本的には喜ばれないと考えておいた方がいいでしょう。




Sponsored Links


過去の栄光を語る


a2
さらには、過去の栄光を語るというのも悪くはありません。
これは、部下が上司のことを尊敬しているということの証のように感じられるので、ごますりのようにはとられにくいものです。

特に昔のことは懐かしさというものがあって、誰もが昔のことはかなり美化したイメージを持っています。
そして、誇りにも思っています。
人の上に立つ人であれば、そうしたいいイメージというものはかなり強くありますから、その部分を思い出させてあげるというわけです。

過去の栄光を知ってくれているということは、自分に対していい意味で興味を持ってくれている、若しくは尊敬されているというようにもとれますから、まず悪い気分にはなりません。
過去の栄光をあまりに強調しすぎるのはごますりともとられますから、誇張したりしないでそのままを話してあげれば、いい気分になってくれるでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PR

PR

ページ上部へ戻る