難しい…うつ病から職場復帰した人の接し方や対応はどうすべき?
1130 ❤

最近の職場事情は様々です…
働き方や事業内容が多様化した反面、労働時間や人間関係などの影響で「うつ病」になる人も。

うつ病は自分がなるのも問題ですが、職場の他の仲間がなっても大変です…
そこで現代の病…「うつ病」から職場復帰した人の接し方や対応はどうすべきかを考えてみましょう。




Sponsored Links


うつ病から職場復帰した人の精神状態


1089
うつ病は最近は比較的周囲からの理解も得られるようになってきた病気です。
しかし、外見ではわかりにくいために、うつ病を患った本人が職場復帰をすることに関して、同僚や上司などからどのように思われているのかや、仕事を長期間休んだことに対する申しわけなさなど、さまざまな思いを抱いていることは理解する必要があります。

一番辛かったのは病気にかかった本人ですので、職場復帰をしたといえども、すぐに以前と同じように働くことができるかというとそうではありません。

あくまでも再び仕事に慣れるまでは不安定な精神状態で、ちょっとしたことがきっかけとなり再び発症する可能性もあります。
本人は仕事を休んだことに関する罪悪感に苛まれている可能性が高いこと、また周囲からどのように思われているのかを大変気にしていることなどが挙げられます。




Sponsored Links


うつ病から職場復帰した人の接し方や対応


1088
職場復帰をすること自体はとても良いことですので、まずはその回復を一緒に喜んであげることが重要です。
かといって大々的なセレモニーなどは必要ありません。
かえって気を使わせてしまいます。

ごく自然な感じで、休職前と変わらない態度で、簡単な声かけをおこなったり、何気ない世間話をしたりするなど、周囲のさりげない対応が本人の回復を早める手助けになります。

必ずこうしなければならないという接し方があるわけではありませんが、もっとも良くない対応は病気だった期間のことを思い出させたり、責めたりするような言動です。

一番つらかったのは本人であり、復帰直後という期間は、とても気持ちが張り詰めている状態であるので、周囲の理解ある対応がとても重要になってきます。
この段階で職場に馴染んでいくことで、その後もスムーズに進んでいきます。




Sponsored Links


まとめ


1086
うつ病で休職をしていた人が職場復帰をすることに関して、特別に身構えたり必要以上に気を使ったりという必要はありません。
本人も腫れ物に触るような対応をされるよりも、ごく自然な接し方をしてもらえたほうが気持ちの面でとても楽なものです。

何よりも重要なのは職場内の雰囲気です。
特に上司の接し方は重要になってきます。

きちんと復職プログラムや訓練方法を組み上げ、徐々に段階を引き上げながら職場に再び馴染んでいくことのできる体制を敷いてサポートするという姿勢が大切です。現代はストレス社会とも言われ、誰しもが発症する可能性のある病気です。

いざ自分が発症した場合も想定しながら、親身になって相談に乗り今後の道筋について明らかにしてあげることで、より良い経過が得られることでしょう。
また同僚からのさりげないサポートや何気ない声かけもたいへん重要です。
しっかりとしたサポート体制で、支援をしてあげましょう。




Sponsored Links

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る