職場で陰口を言う人の目的とは?!陰口への対策はこれだ!!
27 ❤

陰口で悩まされるのは学生だけではありません。

大人になっても人の陰口を言う人はたくさんいます。

もはや人間は人の陰口を言うのが大好きな生き物なので、誰もが一度は陰口を言った経験があると思います。
「陰口を言ったことがない」という人は逆に信じられないくらいに、私たちはいつもどこかで陰口を言っています。

しかし、陰口と言ってもさまざまです。
「あの人、結婚したらしいよ」、「◯◯さん、家族でハワイ行ったみたいだよ」といった程度であれば噂話の範疇ですが、「あの人、結婚したけどすぐ離婚しそうだよね」、「◯◯さん、愛人と箱根に行ったみたいだよ」という陰口にはその人を攻撃する意図があります。

職場にいる困った人の代表格にも入りそうな、この攻撃する意図がある陰口を言う人。
あなたの職場にも1人や2人いるのではないでしょうか。

こういった人は、ただ闇雲に人の陰口を言っているのではなく、しっかりとした目的を持っています。
その目的とはどういったものなのか…
また、このような人に陰口を言わせない方法はあるのでしょうか…




Sponsored Links


職場で陰口を言う人の目的とは?!陰口への対策はこれだ!!


攻撃性を持った陰口を言う人の目的とは何なのか…
それは、その人の評価を下げることです。

それと反比例させて相対的に自分の評価を上げようとする「利得」の意図が潜んでいます。
人格を否定したり、仕事ぶりを批判したり、プライベートを暴露したりといった陰口はすべて、自分の利得に結びつけるためなのです。
これを当事者には気づかれないように上手く進めていきます。

攻撃者にとって最大の利得効果が得られる陰ロ、すなわち言われる側にとって最もダメージの大きい陰口は、個人的な発言を周囲に広められることです。

よくある話ですが、例えば、あなたが同僚に仕事の悩みを打ち明けたとします。
同僚だけに話したことなのに、いつの間にか職場全体に広まっていた…
こういう場合、陰口の攻撃を受けている可能性が高そうです。

発言内容を勝手に変えられていることもよくあることですね。
「上司に怒られてへこんでいる」と言っただけなのに、「あの人は上司のことが嫌いらしい」とすり替えられたら、あなたの職場での立場は悪くなります。

攻撃者はその様子を見てほくそ笑んでいます。
周囲の人間関係を破壊して、自分の影響力を高めようとしているのです。
利得型人間は手段を選びません。

そこで自分の評価を不当に下げられないためにも、陰口は未然に防ぎたいものです。
しかし、陰口というのは自分の知らない間に広まるもの。
それを止める方法なんてあるの?と思われるかもしれませんが、攻撃側の心理的ハードルを上げる方法ならいくつかあります。

例えば、陰口を言っている人に対して冗談交じりに「◯◯さんが私の噂を広めているって聞いたんですけど、そんなことするわけないですよね」と先手を打って言ってみる。

また誰かの陰口を聞いた時に、「それって根拠のある話ですか?」と事実関係をおろそかにしない人間であるということをしっかりと見せておく。

そしていかにも陰口を言いそうな人には「どうせ裏で私の陰口言ってるんでしょ」と釘を刺しておく。

攻撃者に「この人は陰口に敏感だ」と認識させておくことがとても大事です。
彼らの狙いは利得なので、自分にとって損になりそうなこと、つまり陰口を言っていることが相手に悟られることは避けたいのです。

これで攻撃性のある陰口を言う人の心理をおわりいただけたでしょうか。

陰湿な人は、自分の相対的評価を上げるために陰口を言います。
そんな人には絶対に陰口を言わせないようにしたいところ…
陰口を言わせないためには、あらかじめしっかりと防御線を張っておきましょう。




Sponsored Links

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る