スーツ姿に差をつけるファッションセンスを磨くには?!
44 ❤

営業マンにとって、第一印象はとても大事な要素となります。

第一印象を良くするには、笑顔はもちろんですが、身だしなみを整えることは必要不可欠ではないでしょうか。

やはりスーツをビシッと着こなし、身なりをきちんと整えていると、相手に清潔感を感じさせ、それだけで信頼度が増します。

また、スーツを着るとみんな同じように見えてしまいますが、少し周りに差をつけることによって、さらに印象が変わります。
より素敵な営業マンを目指すべく、ファッションセンスを磨いてみませんか?




Sponsored Links


スーツ姿に差をつけるファッションセンスを磨くには?!


スーツ姿というのは、どうしても同じ雰囲気になりやすく、似たり寄ったりになってしまう…といった印象があります。

しかし、似たようなスーツ姿でも、着こなしやネクタイの選び方など、ちょっとした違いで、第一印象が大幅に変わります。
それが身だしなみのセンスというもので、街で見かけるオシャレな人は、そこで周りと圧倒的な差をつけています。

学生時代からファッションに興味のあった人ならそういったセンスは自然と身についているかもしれないが、着るものに無頓着だった新人に、最初からそれを求めるのは難しいでしょう。

そこで、微妙な感覚が必要とされるファッションセンスを高める第一歩は、ファッションに関心を持つことです。
といっても、いまからブランド物を買いまくる、ファッション雑誌を読んで研究しよう、ということではありません。
まずは、回りの人がいま何を着ているかを観察することから始めましょう。

あなたは直属の上司や同僚が、今日どんな服装をしていたか覚えていますか。

多くの男性は、人の顔かたちや服装などにあまり興味を持っていません。
しかしファッションに関心のある人、特に女性は、回りの人が今日何を着ているか必ずチェックを入れています。
人の着ているものに関心を持てば、その「欠点」も自然と見えてくるので、自分の服装の反省材料にもなりますし、格好のいい人はすぐ真似したくなります。

あなたの近くに優秀な営業マンがいたら、まずはその人の身なりを観察してみると良いでしょう。

そして参考になる点はどんどん真似しましょう。

もし、髪の毛がボサボサで、ひげをきちんと剃っておらず、スーツはシワだらけといった優秀な営業マンがいたら、そういう人は逆に、第一印象の悪さをものともしない営業テクニックを持っているのでしょう。

他の人と差をつけるにはまず、人の服装をよく観察しましょう。
そして周りにいるできる営業マンはさらに要チェックです!




Sponsored Links

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る