デートにおいて一番気を使うべきところは「足元」なの?!
194 ❤

多くの男性は好きな女性とのデートの際は、女性のことを楽しませてあげたい!と思っているはずです。

デートが成功するように最高のプランを考えたり、待ち合わせ場所には彼女を待たせないように早めに行ったり…
デートの最中では、彼女を車道側に歩かせない、ドアは先に開けてあげる、お会計は彼女がトイレに行っている間に済ませる…
など、気を使っている方もいるかと思います。

そのような男性の気遣いはきっと女性に伝わっていますし、優しい人だな、と好印象を与えるはずです。
しかし、女性にとって気にしてほしい肝心な所を男性側が気づいていない場合が多いのです。

それは女性の「足元」です。
実はデートにおいて「足元」はとても重要なポイントになるのです。




Sponsored Links


デートにおいて一番気を使うべきところは「足元」?!


気になる女性や大好きな彼女とのデート…
男性の方は、この日のために様々なプランを考えています。

しかし、少し歩いただけなのに「疲れた、休憩しない?」と女性が訴えてきた…
この時、モテない男性の大部分が「まだ、そんなに歩いていないのに」と、デートプランが変わることを懸念してしまうのです。

しかし、よく考えてみると女性の足元と男性の足元ではまったく違うのです。
まず筋肉の量、脚の細さ、どれをとっても違いますよね。

そして決定的に違うのは「靴」です。
男性は平底のシューズかもしれませんが、女性はハイヒールやミュールなど、歩きにくいものを履いていることがよくあります。
とくにデート初期の場合、女性はスニーカーや平底の靴で行くことはあまりありません。

それは相手の男性に、ファッション面においても隙のある女だと思われたくないからです。
履き心地よりもデザイン性を優先させた靴を履いてくる可能性が非常に高いため、女性の足元に目を配ることができなければ、女性を疲れさせてしまうことになりかねません。

男性は、あらかじめ女性がどんな足元で来るかを予想して、デートプランを練らなくてはいけないのです。

ところが、予想どころか、実際に彼女がハイヒールを履いていても気づかない男性というのは意外に多いもの…
それは男性が、相手の顔や胸など外見ばかりに目を奪われてしまったり、気の利いた会話をしようと懸命になりすぎて、視野が狭くなってしまっているからなのかもしれません。

そんな状態ですから、ハイヒールがどれだけ女性の足に負担をかけているかなんて、気が回るはずがありません。
もちろん男性はハイヒールは履かないので、大変さはわかりようがないのかもしれませんが…

実は、ハイヒールはものすごく疲れるものなんです。
歩きにくいのもそうですが、たとえるなら、30キロのバッグを背負って歩くのと同じぐらいの負担があり、1歩歩くごとにとんでもない疲労が蓄積されていきます。

雨の日の道や、段差が激しいところなどは、さらに大変です。
雨の日や砂利道などは理解できるものの、意外なところで石畳もハイヒールを履いている女性にとってはとても厄介なのです。

石畳をハイヒールで歩くと、踵(かかと)が石畳の隙間に引っかかってしまいます。
大事なハイヒールに傷がつくだけではなく、転んでねん挫する危険性もはらんでいるのです。
そんなことになってしまったら、せっかくのデートで彼女が恥をかいてしまうことにもなりかねません。

ですので、まず彼女と歩く時には、まず足元をしっかりとチェックすることが重要です。
ヒールの高さ、太さ、歩く際のバランス…
これで、女性の状態が見えてきます。

ヒールが太ければ、高さがあったとしてもそんなに疲れませんし、接地面がしっかりしているため、ケガの危険もそう高くはありませんから、多少歩いてもよいでしょう。

もし女性が歩きにくそうなハイヒールを履いて来たとしたら、それは「今日はそんなに移動せずに、近場がいい」という合図でもあります。
そこで瞬時にデートプランを切り替えられるかどうか。
それが、デート上手か否かの分かれ目といえるでしょう。

また、彼女が履いている靴の色や材質にも注意が必要です。
とくに白やベージュなど、柔らかい色は汚れが目立ちやすいですし、エナメル系は傷がつきやすい素材なので、土や芝の上を歩くのはできるだけ避けましょう。
「そんな汚れやすい靴を履いて来るからだよ」
と男性は思うかもしれませんが、自分のためにオシャレをしてくれている女性を、そのオシャレな服や靴を汚すような環境に連れて行くほうがマナー違反なのです。

足の疲れと汚れは、女性にあらぬ恥をかかせやすいもの。
もちろん思いがけずそのようなことになることだってあるでしょう。
もし汚れが目立ってしまったり、疲れを感じさせたりした時には、すぐにケアできるような余裕を持ちたいものです。

せっかくのデートはお互いに素敵な日にしたいですよね。
そのためには女性を疲れさせないよう、デートの時は最初に足元を見る、ということをぜひ覚えておいてくださいね。




Sponsored Links

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る