ビジネスマン必見!信頼関係を築く「ラポール効果」とは?
537 ❤

ビジネスの世界において、「信頼関係」は時としてお金よりも価値があったりします。
この人であれば信用できる…
この人が持ってきた話であれば大丈夫だろう…

特にこの日本で働くビジネスマンにおいては、この信頼関係の大切さを痛感しない人はいないでしょう。
さて、その信頼関係を表現する上で「ラポール効果」というものがあります。

今回は、そんな「ラポール効果」に関して学んでおきましょう。




Sponsored Links


ラポール効果とは?


1672
ラポール効果とは2人以上の人たちの間で理解・信頼し合っている関係を意味しています。
そもそもラポールとは本来、診療の際に用いられるフランス語の用語で、医師と患者との間の信頼関係を指す言葉でした。

特に心の病を治す精神科や心療内科などでは、このラポールがなければ治療は難しいと言われており、ラポールのあることが前提だとされています。
そして次第にラポールの意味が拡大され、ビジネスの場面や一般社会でも使われるようになり、両者の信頼関係を表す言葉として知られるようになったのです。

また、この言葉は面接調査を行う場合にも不可欠とされています。
面接調査におけうr調査者と被調査者との間に成立する友好的な関係もラポールと呼ばれます。

つまり言葉による理解を越えた心と心の信頼関係と言っても良く、テクニックに走りがちな風潮を見直す意味でも、是非とも心がけて欲しい効果と言えるのです。




Sponsored Links


ラポール効果を築くには?


1972
では、そのラポールをどのようにして築けば良いか?ですが、それには相手がどのような人物なのか、あるいはどのようなシチュエーションで対面するかなどの要素を上手に分析し、対処すれば良いのです。

ただし、そうは言っても、基本的なルールがないわけではありません。
まずは自分の心を正確にチェックし、自分にどのような効果があるのか、どのように人と接することが多いかを分析しておくのです。
例えば感情的に話すタイプなのか、客観的に話すタイプなのかということを知っておくのです。

また今度は相手の心をチェックするのです。
自分に対して何を期待しているのか、何を求めているかなどです。

それがこちらが思っているのとズレていれば、いくらこちらが必死に努力しても、効果は薄くなるのは当たり前…
自分の心の分析をここで活かして欲しいのです。

さらにはその時の状況分析も重要です。
あるいは雰囲気と言っても良いかもしれません。

周りの空気や傾向も重要な要素となるわけなのです。
時代は何を求めているかなども知っておくと良いでしょう。

それらを分析した上で自分本来の心で、言葉で、相手と話すことです。
論理的な思考を軽視するわけではありませんが、ラポール効果を生み出すには、たとえ状況を分析するときには理論的に考えたとしても、その中身はあくまで本音でなければなりません。

そしてできれば自分の体験を交えた話をすると良いでしょう。
他人事ではなく、自分の実体験を話すというのは、まさしく本音を語ることになるのです。
それが相手の心の扉を開くことにつながり、お互いの信頼関係を築くことになるのは間違いありません。

自分が心を開けば相手も心を開くもの…
人間関係の基本とも言えるのが、意外にできそうでいてできないものなのです。
それがラポール効果を生む一番の方法と言えるかもしれません。

初対面の人とラポールを築く方法

1:自分の対人関係の傾向を知っておく
2:相手の、自分に対する気持ちを感じ取る
3:その場の状況、雰囲気、傾向を分析する
4:本音で相手と接する
5:実体験を交えて話す

ラポールの効果

1:相手に好意を抱く
2:相手を信用する
3:誠意を持って接する
4:敬意を抱く
5:素直に話ができる

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る