連呼やイメージによって商品を販売するマーケティング手法
250 ❤

ビジネスマンはいくつものマーケティング手法を学んでおき、また習得しておく必要があります。
なぜなら、いつどこでその手法が使えるかわからないからです。

今回は中でも客に向けて連呼したり、イメージさえることによって商品を販売するマーケティング手法をご紹介したいと思います。




Sponsored Links


連呼によって商品を販売するマーケティング手法



テレビショッピングは、1つの商品に関する説明が長くなる傾向があります。
必然的に、そこで語られる内容をすべて記憶・把握することは、たとえその気になったとしても難しいはずです。

人間は自分と強く関わりのある問題でもない限り、流れてきた情報を大事な記憶として保存することはないのです。
そこで売る側としては、しつこくキーワードを繰り返し連呼することとなります…

選挙期間中になると、候補者名が繰り返し連呼されるのはご存じの皆さんもご存知のことでしょう。
多くの人が事あるごとに不満を訴えるあの手の行為がなぜ消えないのか?…
それは効果があるからです。

たとえ、それが耳障りであっても、繰り返されるうちに、いつしか記憶に定着してしていく…
それを狙っているのです。

キーワードをしつこく繰り返すテレビショッピングのセールストークも、選挙カーの候補者連呼とその目的は同じなのです。
このような手法を、学習の「強化の法則」といいます。

商品の長い説明が終わり、あなたの記憶に特定の言葉が残っているとしたら、無意識下でその商品を手に取ってしまうのです。
そうなれば売り手は情報の定着に成功したということになるのです。




Sponsored Links


イメージによって商品を販売するマーケティング手法



ネットショッピングで、根強い人気を持つロボット掃除機…
エポックメイキングとなった「ルンバ」に代表されるこの種の商品は、日常生活における有効性を示すため、実際に稼働するシーンを見せるのが通例の宣伝方法です。

同時に、使用時の具体的な「イメージ」を喚起するトークを添えれば、視聴者の購買意欲は、さらに刺激されます。

イメージとは?
イメージとは心に浮かべる像、経験の記憶によって構成された心的映像のこと。
商品の使用イメージ映像を使うと、そこに映し出される仮構の経験を自分の体験であると一時的に錯覚して、購入への具体性を与えることになる。

「この商品は人工知能を搭載しているので、起動ボタンを1回押すだけで、あとは放っておいても床をきれいに掃除してくれます。障害物があっても、もちろん大丈夫。その間、皆さんはゆったりとお茶を楽しむことができるのです。もちろん、お料理やお洗濯、他の家事をする時間もできますよ」。
例えば、このような感じですね。

単なる機能説明だけでは、興味を惹くにも限界があります。
そこで、最後の方の売り込みがカギとなるのです。

実際に生活の中で、この商品がどのような働きを見せるのか?…
それにより、自分はどのようなメリットを受けることになるのか?…

はっきりとイメージさせることが重要なのです。
それを具体的に実感できたとき、消費者は買ってみようという気持ちになってしまうのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る