スロージョギングの方法や注意点をしっかりチェックして走り出そう!
514 ❤

「スロージョギング」という運動方法をご存じですか?

スロージョギングとは、かなりゆっくりな速度で走ることです。
ダイエット効果や生活習慣病の予防、その他にもさまざまな効果が期待できるのがスロージョギングの魅力の一つです。
毎日忙しく仕事から帰って寝るだけ…
夜は残業や飲み会などで家ではなるだけ…
そんなどうしても生活習慣が乱れがちなビジネスマンにおすすめなのがスロージョギングなのです。


スロージョギングの方法は?


806
スロージョギングの方法は、いつも歩いている速度か、それよりもちょっと遅いペースでジョギングするのがポイントです。

ですので普段走り慣れていない方が急にランニングを始めると、次の日には筋肉痛になってしまい運動を続けることが難しくなってしまいますが、スロージョギングであればウォーキングや競歩などに近い感覚なので、それほど体に負担をかけることなく継続的に運動する事ができるのです。

服装はランニングやジョギングと同じで構いませんし、動きやすい服装であれば新たにランニングシューズなどを購入する必要もありません。
場所も近くの公園や河原などなるべく自然の多いところで行う方が良いでしょう。




Sponsored Links


スロージョギングの注意点


807

スロージョギングの注意点としては、ジョギングだからと言って、あまり速度を出して走らないことがとても重要です。
特に男性の場合は久しぶりに運動すると、張り切って普通のランニングやジョギングをしてしまい無理をしてしまいがちです。
そうすると自分が思っている以上に体に負担をかけている事があるのです。

そのため運動が得意であっても、また運動が苦手な方でも、始めはとてもゆっくりとした速度で走り、体への負担を軽くするように心がけましょう。
そうする事で筋肉痛などもほとんど起こさないで生、普段の生活習慣にうまく取り入れていく事ができます。

また、ゆっくりと走るとはいえ、それなりの汗をかく場合もあります。
適度に水分補給をすることも大切なことです。
ジョギングをした後は水分補給をしっかりと行い、汗をスポーツタオルで拭き取りましょう。
汗をそのままの状態でいると体を冷やしてしまい、風邪をひいてしまう原因にもなってしまうためその点は注意が必要です。




Sponsored Links


まとめ


808
スロージョギングの方法は、とても安全です。
スポーツや激しい運動をする場合には、ケガなどをしないように注意したり、また、運動不足の方がいきなり健康のために、体を動かしてしまうと体調不良などにも注意しなければなりません。

しかしスロージョギングの場合には、そういった注意点はなく若い方から年配者まですぐに始めることができます。
もちろん、あまり長距離をいきなり始めるのは、体力的な面で注意が必要になりますが、最初は軽く比較的短い距離から始めて、継続してスロージョギングできるようになったら、徐々に走る距離をのばしていきましょう。

ダイエット効果を得る方法などは、他にもありますが、体への負担が大きいものや、食事などの制限などで注意点なども多いものがあり、あまりおすすめできません。
体にもやさしく、効率よく体内にある余分な脂肪を燃焼させ、運動による代謝機能などの向上にも期待ができるため、定期的にこのジョギングを行っていくといいでしょう。

日頃の運動不足を痛感しているビジネスマンであれば、いきなり体に負担のかかるランニングや筋トレを行って3日坊主になるよりも、まずは体に負担の少ないスロージョギングを始めてみるのはいかがでしょうか。

Sponsored Links

この記事の著者

mensedgeMEN’S EDGE編集部

MEN’S EDGE(メンズエッジ)は、「仕事や恋愛で他人と少しでも“差(エッジ)”をつけたい!」と考えるビジネスマンを全力で応援するメディアです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る