ネオン街の「黄色」はサラリーマンを引き寄せる色?!
46 ❤

会社帰りにちょっと一杯やりたいのは、仕事の疲れを癒やすほんの些細な自分へのご褒美でしょう。
疲れているなら一刻も早く我が家に帰って寝てしまった方が体は休まるし、お金もかからないことはよくわかっているはず…

しかし、ローンで買った家は遠いし、やっと我が家に帰っても父親の居場所がなかったりするのも事実です。
そんなこんなで、ついつい酒場をハシゴすることになるのです。

ネオン街には、こういうさみしがり屋のサラリーマンが溢れています。
しかし、実はそんなさみしがり屋の彼らをひきつける秘密がネオン街にはあるのです。

夜の街は、色とりどりのネオンで賑やかなイメージがありますが、深夜を過ぎると黄色いネオンが目立つようになることにお気づきでしょうか?…
それはけっして偶然などではなく、人間の心理に基づいたネオンの色のク戦略なのです。
さみしがり屋のサラリーマンは、この黄色ネオンの戦略にまんまとはめられていることになるのです。

黄色は、最も脳を刺激する色といわれています。
道路標識でも「危険」や「注意」の看板はたいてい黄色…
それだけ人の目を惹きつける色なのです。

また、目を冴(さ)えさせる色なので深夜にはうってつけであり、見るからに明るくて暗い気持ちを払しょくしてくれそうなことから、コミュニケーションの色ともいわれています。
このため、「なんだか疲れた」、「家に帰りたくない」、「面白いことないかな」と、夜の街をさまようさみしがり屋を呼び込むには絶好の色になっているのです。

思えば飲食店以外にもレンタルビデオ店やゲームセンター、ディスカウントショップなどの看板にも黄色が多い気がします…
確かにどれも深夜営業をしている業態ですからね。
ネオン街の黄色になぜか惹きつけられてしまうときは、あなたの心が弱っているときなのかもしれませんよ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る