「一人暮らし男」の食費を節約するコツを伝授!やってみる価値はある
2836 ❤

夜のお付き合いに、急な冠婚葬祭…
その度に出費がかさみ、特に一人暮らしのビジネスマンにとって「節約」というのは簡単なものじゃないです。

とは言え、仕事の付き合いもありますし交際費は削れません。
光熱費を節約するといっても普段の仕事でほとんど家にいないので大差は無いでしょう。
女性と比べて男性は節約が苦手なのです。


一人暮らし男の節約するコツ


798
とは言え、男性が節約できないという訳ではありません。
むしろ有能なビジネスマンであればあるほど、事業計画の支出に目を向けて改善する能力を持っているものです。

つまり節約できないと感じる男性は、節約するコツが分かっていないのです。
では、そんなビジネスマンが「どこでお金を削るべきか?」というと“食費”です。

一番良いのは、お昼は“お弁当”を持って行くことです。
とは言え、奥さんや家族がいない男性に、いきなり「お弁当を持って行くように」と言っても、しんどいものがあります。
そもそもマメで自炊している男性であればお金の節約に悩まないでしょう。




Sponsored Links


一人暮らし男がお弁当を持参するコツ


797

さて、食費を節約するのに一番良い方法が“お弁当”であることが分かりましたが、正直に言って作るのは面倒だと思います。

しかし、お弁当を作るのは面倒でもご飯くらいなら男性でも炊くことができるでしょう。
お米を洗って炊飯器にセットするだけ…
作業時間にすれば数分で完了します。

その際にすぐに自分が食べる分だけでなく、一気にたくさん炊いてしまいましょう。
そして余ったご飯がラップに包んで冷凍しておけば、食べたい時にレンジで温めて食べられます。
これで一人暮らしの男性向け“お弁当”の完成です。

ご飯を弁当箱なりタッパーなりに入れて持って行きます。
そしてコンビニやスーパーなどで、レトルトのカレーやおかずなどを買うのです。
特に最近のコンビニはハンバーグや煮魚、サラダなどのレトルトも充実しており、弁当を買うより断然安く、200円くらいで満足のいくおかずが手に入ります。

そうすれば、例えばいつも800円のランチを食べていたとするなら、600円浮くことになります。
たった600円と思うかも知れませんが、月に20日間働くならば600円×20日で12,000円です。
年間で144,000円だと考えると、決して安くはありません。

また最初はご飯だけをお弁当として持って来たとしても、徐々に簡単な料理や安い冷凍食品をスーパーなどで買っておけば、さらに節約になります。
料理の腕も上がり、昼食代が節約できるお弁当は一人暮らし男が食費を節約する最強の味方なのです。




Sponsored Links


その他の一人暮らし男が食費を節約するコツ


799

お弁当以外にも一人暮らし男が食費を節約するコツがあります。
例えば“飲み物”です。

昼食を食べた後は、どうしても缶コーヒーなどを買ってしまいがちです。
我慢するのが1番の節約ですが、コーヒーくらい飲みたいものです。
しかし、缶コーヒーも毎日自販機で買えば高いです。

そこでコーヒーや仕事中の飲み物はなるべく水筒で持って来るようにしましょう。
もし「水筒でコーヒーを飲んでいるはちょっと…」という方には、缶コーヒーなどはまとめて業務用のスーパーなどで購入するようにしましょう。

飲み物であればかなりの賞味期限も長く、缶コーヒーであれば50円くらいで売っていたりもします。
休みの日に買い溜めしておいて、仕事に行く時に鞄に忍ばせて飲み…
これだけでもかなりの節約になります。

また最近の百均のコンビニも便利です。
かなり量のあるおかずでも100円で売っているので、お弁当や休みの日の食事にも重宝します。

冬などであれば1人鍋用の土鍋などがあり、切った野菜と肉や魚をぶち込むだけで立派なおかずになります。
そして冷凍のご飯を温めれば一緒に雑炊もできます。

また焼けば良いだけの肉や魚もありますので、これも冷凍ご飯を温めて食べると立派な食事になるのです。

このように一人暮らし男でも、また少ないお金でも、料理ができなくても、十分に食費を節約しながら立派な食事ができるのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る