女性にメールするタイミングはいつがベストか知ってる?
142 ❤

好きな女性にメールをするときは悩みますよね?
何を書いたらいい印象を持ってもらえるのか…
男性なら誰だって気になります。

ただ、実は女性へメールする際に文章の内容だけでなく、「メールするタイミング」も重要だったりするのです。
ここでは、そんな女性に「メールするタイミング」について、少しお話しておきましょう。




Sponsored Links


女性にメールするタイミングはいつがベストか知ってる?



現代人のほとんどが持っているスマホ(携帯電話)…
コミュニケーションツールとして、もはや生活に欠かせないものとなりましたが、機能としては、メールの使用頻度のほうが通話よりも多いというデータがあり、特に女性にメール好きが多いといわれています。

では、これをうまく活用すると、恋愛偏差値もおのずと上がるはず…
とはいえ、いくら女性がメール好きでも、まだ付き合ってもいない男性から毎日のようにメールを送られたりすると、気味悪がられたり、うっとうしいと思われたりするので、やみくもに送るのはいただけません。
一方で、女性はマメな男が好きなので、ほったらかしもNGです。

男性にとって、女性というのは本当に難しい生き物…
と悩んでばかりもいられません。
この場合、要はタイミングの問題なのです。

メールを出すのは、相手が疲れていたり、重要な局面に立っているときがベスト…
相手がハードな状況にいるときを見計らってメールを入れることで、「この人は、いつも私を気にかけてくれている」、「つらいときはいつもそばにいてくれる」と感じさせられるのdす。

そのために重要となるのが、相手のスケジュールをある程度把握しておくこと…
同じ職場やサークルに所属していれば、なんとなく知ることができますが、わからない場合は、周囲の協力を仰いでしまいましょう。

「月末に大事なプレゼンがあるらしい」、「来週は期末試験がある」といった情報を入手したら、忘れないようにメモをしておくのです。
そして終わった頃を見計らって、「お疲れ様。どうだった?」というように、労(ねぎら)いのメールを送るのです。

このとき、彼女が落ち込んでいるようなら励ましてあげればいいですし、うまくいったと言われれば一緒に喜んであげましょう。
その上で「大変だったな。でもよく頑張った。近いうちにおいしいものでも食べに行こう」…
あるいは「お祝いに今度食事に行こう」というように、どちらのパターンであれ、誘いをかける口実ができます。

ただし、女性と親しくもないのに、まるでストカーのように彼女のスケジュールを知ってメールするのはNGです…
「なんでこの人、話してもいない私のスケジュールを知ってるの?!」と警戒されること請け合いだからです。
その場合は最低でも「〇〇さんに、聞いたんだけど」とか「ちょっと小耳にはさんだんだけど…」というような前置きが必要でしょう。

ともあれ、弱っている女性ほど、優しくされるとその相手に惚れやすい傾向があります。
つまり、彼女が精神的に参っていると思えるときこそ、メールを送る千載一遇のチャンスであることに変わりはないでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る