成功率の高い「告白の言葉」って意外にもこんな言葉だったの?!
167 ❤

男性の皆さん、気になる女性ができたら、まずはデートに誘いますよね?…
そしてデートもとても良い雰囲気に終わり、彼女のことがますます好きになりました。

さあ、次に待っているには「告白」です。
最初にデートに誘う時も緊張しますが、やはり告白が一番緊張するのではないでしょうか。

告白することが恥ずかしいという気持ちと、「もし断られたら…」という不安でなかなか口にできない…
そんな思いを持っている男性も多いでしょう。

しかし、多くの女性は、「男性から告白してもらいたい」と思っています。

もし付き合えたとしたら、今後彼女をしっかり引っ張っていってあげなければいけません。
ここはひとつ、男らしく勇気を出して待っている女性へ告白をしましょう。

でも告白の言葉って何がいいのかなあ…
なんて言えば彼女の心を仕留めることができるのだろう…

そこで今回は、うまくいきやすい告白の言葉をご紹介します。




Sponsored Links


成功率の高い告白の言葉とは?!


まず、告白の仕方ですが、最近では電話やメールで告白をする人が増えているそうなのです。
しかし、直接会って顔を見て告白するより、電話やメールでの告白は成功率が下がってしまうでしょう。

女性は「付き合うか、それとも付き合わないか」を理屈で考えて判断するわけではありません…
「なんとなく」で、「いいよ」と言うか、「ごめんなさい」と言うかを決めてしまうことも多いのです。

その「なんとなく」の思案の結果、うれしい答えをもらう確率を上げるには、相手の感情に訴えかける努力や工夫が必要です。
その努力や工夫は、電話やメールではできません。

しかし会っていれば、相手のことが好きだという気持ちをいろいろな形で表現でき、小道具を使った演出も可能でしょう。
また、女性がOKと言いやすいムードを作り出すこともできます。
ですので、告白は、実際に女性と会っている時にするようにしましょう。

そして、実際に会って告白する際、告白はムードのある場所で行うこと…
と、それにプラスして相手の気持ちを高めたりする方法があります。

それは、告白の前に「花束をプレゼントする」ことです。

「花束をプレゼントするなんて恥ずかいよ…」と思う方もいるかもしれません。
しかし、わざわざ用意してプレゼントすることで、女性は「私はこれだけ大事にされているんだ」と感じ成功率が非常に上がります。
「あなたのことがこんなに好きなんです。大事にしたいんです」という気持ちを、贈り物で表現することはとても効果的なのです。

花はキレイだし、目立ちます…
そして儚く散っていきます。
だからこそ、女性の心を打つことができるのでしょう。

ただし、ドラマのようにあまりに大きな花束を渡されても、女性は困ってしまいますので、持ち歩くのに邪魔にならず、はずかしくない程度のものにしましょう。
また、相手の女性の好きな色を知っているのなら、その色を使った花束にすると喜ばれます。

女性は、「花束を持っている自分」にうっとりします…
自分で自分の幸せを演出してしまうのが女性です。
告白する前にぜひ花束を渡してあげてください。

そして、いちばん重要な「告白の言葉」についてです。
実は告白は、長い話をダラダラするより、短くシンプルな言葉が一番効果があります。

それでは、どんな言葉で告白すれば良いのでしょうか?…
自分で考えて思いつかないのであれば、次のものを使ってください。

「好きです。付き合ってください」
これだけで大丈夫です。

「えっ、それだけ?」と思いますよね。
まず「好きです」という言葉で、相手の気持ちを盛り上げます。

人は誰でも、異性に「好き」と言ってもらいたいもの…
だから「好きです」と言うことで、女性の気持ちをかき立てることができます。

最初に「好きです」と言うことで気持ちをかき立て、その状態の女性に「付き合いの判断」をしてもらうことで、付き合える可能性を広げているのが、この短い言葉です。
告白のタイミングは、ムードさえできていれば唐突に言ってかまいません。

告白するタイミングは中々つかめないものですが、「今、言うのは、いきなりすぎるんじゃないか?…」などと迷ってためらっていると、ずっときっかけをつかめない状態が続くことになってしまいます。
くれぐれも慎重になりすぎないでくださいね。

2人でムードのある場所にいると、ちょっと会話が途切れたりすることもあると思います。
今まで仲良く話していた2人の会話が少し途切れた…
話が途切れても苦痛にならないということは、相手もムードに浸っている証拠です。

そんな時が告白のチャンスです。
今までの話とまったく噛み合っていなくても、何の問題もありません。
突然でも、「好きだ。付き合ってほしい」と声を出してしまいましょう。

キザなセリフを言う必要はありません…
直球で「好き」と「付き合ってください」という2つの言葉を言うように集中しましょう。

もし、お断りされてしまった時は、「わかりました、ありがとう」と言って、サラッと彼女の前から去ることがベストです。
告白は勇気のいることですが、これから幸せにしてあげたいと思う女性のためにも、男性側からしっかり気持ちを伝えてあげましょう!




Sponsored Links

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る