「血液型遺伝」の組み合わせ(表)とその仕組みとは?

本当に自分はこの両親の子どもなのだろうか?…
誰でも一度や考えてみたことがあるのではないでしょうか?

これを確かめるには本格的に調べるには「親子鑑定」と言われる検査を行う必要がありますが…
その前に「遺伝」を考えるときに、もっとも分かりやすく、なじみ深いものに「血液型」があります。

2人の親からの血液型を決める遺伝子が、子どもに伝わる…
というのは皆さん、何となくイメージできるかと思います。

けれども、このときに性質の違う遺伝子のどちらが勝って、子どもの性質として現れるかは偶然によるらしいのですが…
それでも「原則」というものもあります。
今回はそんな「血液型遺伝」の組み合わせとその仕組みに関してお話しましょう。




Sponsored Links
 


「血液型遺伝」の組み合わせとその仕組み



血液型といえば、ABO式が有名ですが、実は他にも「Rh式血液型」や「MNSs式血液型」、「P式血液型」など色々な分類の仕方があります。

ただ、今回はABO型が一番分かりやすいので…
この分類方法で考えみましょう。

ABO式では、ご存知のようにA型、B型、O型、AB型とあります。
ただ、A型といっても、AA型とAO型があり、B型にもBB型とBO型とがあるのです。
そして、O型は実は正確にはOO型のこと言います。

つまり、誰でもABOの3つの型の中の2つの型を持っているということ…
しかし、Oというのは表面に現れません。

AとBは優性で、Oは劣性だからです。
そのためAO型だと、表面的にはA型となるのです。
とは言え、これはO型が何かで劣っているとか、A型やB型が優秀だという意味では、もちろんありません。

子どもがどの血液型になるかは、2人の親の持つそれぞれ2つの型のどれを受け継ぐか?…
この点がポイントとなるのです。

両方とも母親からとか、両方とも父親から…
とはならないのです。
必ず、それぞれから一つ受け継ぐようになっています。

例えば…
A型の父とB型の母の間の子は、A型かB型、あるいはAB型かもしれないし、O型の可能性もあります。
父親がAO型、母親がBO型であれば、それぞれからOをもらい、OとなってO型になる可能性があるからです。

B型の父とO型の母の間の子は、B型かO型…
父がBB型であれば、必ずB型で、BO型だったら、O型になる可能性もあります。
いずれにしろ、A型、AB型の子はあり得ません。

O型の父とAB型の母の間の子は、A型かB型以外はあり得ません。

AB型同士の間の子は、A型、B型、AB型のどれかで、A型同士の場合は、A型かO型…
2人ともがAOの場合のみ、O型の子が生まれる可能性があるのです。

詳しくは下記の図を見てもらうとわかるかと思います。

さてさて、皆さんのご両親の血液型と自分の血液型…
何か気になることがあったでしょうか。




Sponsored Links

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PR

PR

ページ上部へ戻る