学歴がなくても成功する人と学歴があっても成功しない人
676 ❤

社会人になると、あまり重要性を感じなくなるものの一つに「学歴」というものがあります。
なぜなら、世の中には「学歴がなくても成功する人」と「学歴があっても成功しない人」がいるからです。

つまりいい大学を出ても、職場でうまくやっていけるとは限りませんし、一方で学歴がないからと言って仕事ができないというのは大きな間違いです。
では、この「学歴がなくても成功する人」と「学歴があっても成功しない人」にはどんな違いがあるのでしょうか?




Sponsored Links


学歴がなくても成功する人の特徴


2411
学歴というのは成功をするための絶対条件ではありませんから、学歴がなくても成功する人成功するものです。
つまり、学歴以上の実力があればいくらでも成功をすることができるわけで、結局のところの本人の能力が一番重要ということになります。

例えばプロスポーツなどがわかりやすく野球などであれば、野球さえ上手ければ学歴などは一切関係ありません。
求められるのは野球の上手さが第一ですから、どれだけ学歴があってもキャッチボールができなければプロとしてはやっていくことができず逆に野球が誰よりも美味いのであれば学歴などがなくても一線で活躍をすることができます。

これは極端な話に思われるかもしれませんが結局のところの全てこれに当てはまるものであり、学歴がなくても成功する人というのはそれだけの能力があるということになるのです。

プロスポーツまで極端な話まで行かなくても営業の仕事などをするのであれば売り込む技術が重要ですから、学歴がなくてもセールストークが上手くて相手の心理を読むことができる人というのは成功をするものです。

このような技術は学校で教えてもらうようなものではありませんから、実際の現場でどうすれば売上を伸ばすことができるのかと自らの頭で考えられる人は学歴がなくても成功をする人なのです。




Sponsored Links


学歴があっても成功しない人の特徴


2410
学歴があっても成功しない人というのは、取り柄が学歴しかないというパターンにあります。
どれだけ勉強ができてもそれが活用することができなければ無用の長物ですから、ただ勉強ができるという人は成功できないものです。

日本の社会では学歴があるイコール能力があるとみなされていますが、実際にはそのようなことはなく学歴があるのはあくまでも学歴があるだけでそれ以上でもそれ以下でもありません、
ただし、ある程度学歴があるということは応用もきくだろうと判断をされて就職などで有利になるわけですが、そこからは純粋な実力勝負ですから応用がきかない人は成功をすることができません。

学歴というのは答えのあるテストの点数を取ることができれば手に入れることができますが、社会に出れば答えのある問題ばかりとは限らずむしろ答えのない問題ばかりでその中からどれだけより良い結果を出すことができるのかということが求められます。

そのような時に自らの頭で考えて答えのないものから最適解を導くことができない人は、学歴があっても成功しない人となってしまうのです。
学歴というのは現代社会では大きな武器になるものですが、その武器の扱い方をわからないのであればそれを活かすことができないわけですから、成功をすることもできないのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る