身だしなみを整え清潔感を演出する3つのポイントとは?
117 ❤

ビジネスの場面においてもプライベートの場面においても、人に良い印象を与えるために、清潔感はなくてはならないものです。

清潔感が感じられないと、その人の目に見えない所、生活習慣などもだらしなく見えてしまいます。

常に身だしなみに気を使い、清潔感を持って人と接したいですよね。

そこで今回は清潔感を演出するためにとても大切な3つのポイントを見ていきましょう!




Sponsored Links


身だしなみを整え清潔感を演出する3つのポイントとは?


清潔感を出すために大切な3ポイントとは、「髪·指先·靴」です。

人の目は先端に集まります。
これは人間の身体でいえば頭と手足の先、つまり、「髪」「指先」「靴」です。
この3ポイントを押さえておくことで、全体の生理的な印象を制することができます。

まずは髪。
どんなに仕立てのいいビジネススーツに身を包んでいても、髪に寝ぐせがついていたり、肩にフケが落ちていたりでは、信頼感や誠実さは感じられず、だらしない印象だけが残ります。
整髪料のにおいが強すぎるのも悪印象です。
また、髪型は顔の印象を左右する大事な要素です。
「知性の象徴」ともいわれる額はオープンにしたほうがよく、前髪が目にかかる髪型はビジネスではタブーです。

次に指先。
名刺を差し出す、お茶を飲む、ものを指し示すなど、常に動きをともなうので目立ちます。
行動範囲が広く、3つの中でも常に見られるポイントです。
ここは清潔感と健康的に見えることが大切です。
気をつけたいのは爪の裏側。
ホコリやアカがたまらないように使い古しの歯ブラシや爪ブラシでこまめに洗うことです。
ささくれなどにも気をつけて、荒れやすい人はハンドクリームでケアをしましょう。

そして「足元を見る」というように、ホテルマンは靴で客の身分を判断するともいわれ、欧米のキャリアビジネスマンの間では服飾費の半分近くをまず靴に投資するといいます。
常に見られていることを意識して、いいものを選ぶことです。
汚れを取って磨くことはもちろん、階段の上り下りで目につく「かかとの減り」もまめにチェックが必要です。
革靴は同じものを毎日履かずに、数日あけながら何足かをローテーションで履いて長持ちさせましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る