彼女の実家に挨拶…良い印象を与える手土産や話題は用意してる?
1175 ❤

付き合って1年・2年…
ひょっとすると付き合う彼女によっては、すぐに彼女の実家に挨拶へ行く…なんてことがあるかも知れません。

そんな時、彼女に呼ばれたから気軽に手ぶら行ってみよう…
というのでは、彼女のご両親にもあまり印象は良くありません。

まして、エッジの効いたビジネスマンであれば、何かおすすめのお土産でも持って行き、ご両親に良い印象を与えるような話題の一つも考えておかなけれならないのです。


彼女の実家へ挨拶…おすすめの手土産とは?


473
お付き合いしている彼女の実家へ初めて挨拶へ伺う際に準備しておきたいのが「手土産」です。
手土産はどのようなシーンにおいてもお宅へ訪問する際の基本マナーですから、手ぶらで現れるような彼氏はその時点で評価にも値しないと感じる方が多いはずです。

手土産は何よりも気持ちのあらわれですから、あまり堅苦しく考えることはありませんし、もちろん高額な品物を用意する必要もありません。
どんなものが良いかについては遠慮なく彼女に尋ねましょう。

家族が好きな食べ物などをリサーチしておいたり、自分がおすすめする品物で気に入ってもらえそうならそれでも良いでしょう。
はじめての訪問で挨拶を、と言ってもそれだけで帰るというわけではなく、食事を共にする場合が多いですから、食事の内容によっては余分に余ってしまわないような量を意識することも大切です。

手土産の準備は決して女性任せにしないように!
もちろん支払も半額請求したりしてはいけません。
何も思い付かない場合はみんなで食べられるようなお茶菓子などが無難かと思います。




Sponsored Links


彼女の実家へ挨拶…そんな時の話題は?


474
彼女の実家へ挨拶に行ったとして、本当に挨拶だけで終わるはずはありません。
ご両親と色々と話をすることになるでしょう。
そんな時にあらかじめどんな「話題」になるかと想定しておき、その答えなども考えておきましょう。

彼女の実家へ訪問するということは、今後結婚を考えているが故の行動であるはずです。
大切に思う女性であり、その家族は今後自分の親類となる人達かもしれないと考えると、まるで就職面接を受けるような気持ちになる方も少なくないのではないでしょうか。

適度な緊張感をもって訪問することは真剣さのあらわれですが、変にかしこまりすぎることはなく、自分と過ごしているときとは違う彼女の一面や、育ってきた環境を感じ取れるような良い機会を楽しんでみてはいかがでしょうか。

質問されたことはわかりやすくこたえ、こちらからの話題は自分が知らない時代の家族の暮らしについて聞いてみるのも良いでしょう。

子どもを持つ親は過去を振り返り子どもが幼い頃の話題について話すのが好きで、同じ話題であっても何度話しても楽しく感じる方が多いものです。

昔話に花が咲いてこちらから話題を提供する隙もなくなってしまうかもしれません。
聞かれたことには素直に答えるようにして、せっかくですから家族の会話をゆっくり聞いてみるのも良いでしょう。




Sponsored Links


まとめ


475
大切な彼女の実家へ挨拶へ行くと決まったならば、その日がおとずれる前にしっかり準備しておきたいのが身だしなみです。
たとえば清潔感や男性らしいヘアスタイルは第一印象を左右します。

服装はスーツで張り切る必要はありません。
観劇や少し良いレストランへ出かけるときのようなきれいめカジュアルスタイルがおすすめです。
できればジャケットは着て行きたいところですが、適当なものがない場合は襟付きのシャツははずさないようにしましょう。

はじめは緊張で笑顔もぎこちなくなってしまうこともありますが、それもまじめな一面であるからと、必ずしも悪印象に繋がるわけではありません。

最初に述べる挨拶の言葉については多少練習しておいても良いですが、実家で過ごす時間をどう乗り切るかなどとあまりに考えすぎると当日を迎えたくない気持ちになってしまうこともあります。

食事を一緒に楽しんだり、手土産のお菓子を皆で食べながら会話をするなど、楽しいイメージをもって少しだけ気楽な気持ちで訪問しましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る