印象が変わる…お洒落ビジネスマンはやっている時計コーディネート
797 ❤

最近は「腕時計をせずにスマホだけで済ませています」なんて若者世代も増えていると聞きます。
もちろんスマホで事足りるというのも事実かもしれないのですが、やはりピシッとしたビジネスシーンに欠かせないのは、その場に相応しい印象の腕時計。

重要な商談の場面なんかでは、ぱっと見た時に何もはめていない腕と、お洒落な時計がさり気なく覗く腕とでは相手に与える印象が全く違ってきます。
時計をきっかけにして、グッと話題が広がることも。ビジネスマンにとっては必須アイテムと言ってよいでしょう。

そしてどうせつけるのなら、やっぱり他の人とはちょっと違うお洒落な物をチョイスしたいですよね。
ただしビジネスマンたるもの、あまりにもTPOと乖離した、趣味に走り過ぎたものは避けたいものです。

他とはちょっと差を付けたお洒落なものを身につけたい、でも外しすぎてしまうと浮いてしまう…
そんな悩みを持っている人も多いのではないでしょうか。

下記のようにビジネスマンにもおすすめする腕時計の選び方があるのです。
今までスマホで十分と思っていたあなたも、一度検討してみてはいかがでしょうか?




Sponsored Links


お洒落ビジネスマンはやっている時計コーディネート


2608

 

シンプルでスタイリッシュなデザインこそ信頼の証

どんなスーツスタイルにも合わせやすいシンプルなアナログ式は必須アイテム。
文字盤の種類はアラビア数字のもの、バーインデックスのものとありますが、視認性をとるのならアラビア数字、デザインを重視するのならバーインデックスがおすすめです。

バンドはステンレススチールで綺麗に磨かれたものを…
文字盤は白が定番ですが、あえてブルー系を選びネクタイの色とさり気なく合わせるのもお洒落でいい感じです。

 

あくまで実用性重視、デジタルが再注目

デジタル式というと今は安物、若者向けというイメージですが、敢えて外しの一品として身に付ける人も増えてきています。
なんといっても気取らなさ、親しみやすさを感じさせることができ、意外にもスーツスタイルにも合うのです。

もちろん文字盤は小さめの物を。ゴテゴテのダイバーズウォッチではなく、実用最優先のモデルが好感度アップです。
この時代に敢えてこのチョイスという「わかっているヒト」というちょっと違ったお洒落感を演出できますよ。




Sponsored Links

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る