女性が喜ぶ「キスのやり方」で男は愛を感じさせるべし!

女性とデートや一緒にいて、雰囲気や流れの中でキスをする…
これは男性にとっても望ましい展開と言えるでしょう。

しかし日本人はこの「キス」は下手だとも言われています。
そのためキスが苦手だったり、積極的にキスをしない人もいるでしょう。

けれども「キス」は男女の関係においてとても大切なもの…
今回はそんな「キス」に関するお話をしましょう。




Sponsored Links


なぜ「キス」は大切なのか?


2583
口は第二の性器だといわれています。
唇は多くの神経が密集した性感帯のひとつで、実際、女性は無意識に上半身の性器として考えています。

ある意味、本番よりもエロティックな魅力を秘めているのがキスなのです。
だからこそ男性は、キスのテクニックを磨いて、相手をとろけさせましょう。

まず、キスに持ち込むのがきっかけです…
女性の髪に何かついているようなフリをして不意にキスをしたり、アクセサリーをつけてあげるときに軽く唇を当てます。

何かをしている最中に、不意打ちでキスをすると、不自然にならずに済みます。
歩いている途中に立ち止まり、女性を引き止めながらするキスも情熱的ですね。

いきなり唇にするのに抵抗があるのなら、頬にキスをしたあと、軽く触れる程度の強さで口づけると不自然になりません。
男性は女性を落とす場合、キスは絶対に欠かせないものと覚えておきましょう。




Sponsored Links


ディープキスで女性は愛されていると感じる!?


2582
キスにも種類があります。
まず唇を尖らせて、くちばしを合わせるかのようにするキスが「バードキス」。

バードキスよりも長いキスが「フレンチキス」です。
他に、唇と唇を交互に重ねる「ハンバーガーキス」などがあります。
こうしたいろいろなキスをシチュエーションによって使いこなせれば上級者です。

たとえば、ホテルの部屋に入った瞬間に、女性の口に触れるか触れないかという軽いキスをする…
その先に進まないのがミソで、何事もなかったように振る舞います。

キスは女性にとって愛情の表れ…
二人きりになった瞬間の、不意打ちのキスはかなり効果的なので試してみましょう。

舌を入れてからませたり吸ったりするキスが「ディープキス」…
舌と舌をからめ合うなまめかしい雰囲気に、男性も女性も興奮します。

舌をからませるのはもちろん、歯茎や唇の裏をなめまわしたり、舌を軽くかんだりと、ディープキスは情熱的にしたいものです。
女性にとってディープキスは「愛されている」という実感がわく大切なプロセス…

男性の中には体の回数を重ねていくと、キスがおざなりになる人もいますが、思っている以上にキスは快感を呼ぶので、きちんとこなしていきましょう。
またキスをしているときの手の動きも重要です。

女性の腰を支え、上半身を少々のけぞらせる形をとりながらのディープキスは、いやおうなく女性器が男性の股間へ当たります。
これだけで、前戯に匹敵するくらいの興奮を与えることができるのです。

また、キスをしている最中に肩をさすったり強くもんだりして、空いている手の動きに強弱をつけると気分もさらに盛り上がる秘訣なのです。
デキる男は、このキスのテクニックを巧みに使って女性を虜にしてしまいましょう。




Sponsored Links

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PR

PR

ページ上部へ戻る