母性本能をくすぐるのが上手い男の恋愛効果とはいかに?
552 ❤

常に女性の前に立ち、弱みを見せず男らしく引っ張っていってくれる男性も女性には人気があります。
しかし、時には甘えてくる男性は、女性にとってはとても女心をくすぐられ、男性にとっては効果絶大です。

それは、女性には母性本能があるからです。

この母性本能を利用しない手はないでしょう。

では母性本能をくすぐるには、どうのようなことをすれば良いのでしょうか。




Sponsored Links


母性本能をくすぐるのが上手い男の恋愛効果とはいかに


「私がいてあげないと、この人はダメになってしまう」と思わせるのは、男にとってはなかなか有効な作戦といえます。

では、女はどういうときに母性本能をくすぐられるのでしょうか。

まずあげられるのは、「この人は、ほかの人にはこんな面は見せないだろうな」と相手に感じさせることなのです。

たとえば、いつも女性の前ではキリッとして弱みなどカケラも見せないような男が、「弱っちゃつたよ」などと電話をかけてくると、「いつもの◯◯さんらしくないじゃない」などといいながらも、女性はグッとくるものです。

また映画に誘うとき、「△△を見に行こう」ではなく、「あれとこれ、どっちがいい?」などと聞くのも母性本能をくすぐるものです。
相手が何を見たいのかわかっていてもです。
「あの映画を見よう」では、男性主導になってしまいます。
これでは女は母性本能を発揮する場面がありません。

けれども「どっちがいいかなあ、どっちにしようか」といえば、「こっちはつまらないって評判よ。こっちがいいに決まってるじゃない」という具合に女がリードできます。

意見を求める、相談するというのが、母性本能を発揮させるコツなのです。

キスするにしても、周囲の雰囲気はあるにしろ、いきなり黙ってやるのは、男主導型です。
それがうまくいく場合もありますが、たとえば「いまここでキミにキスしたいんだ」という迫り方は母性本能刺激型といえます。

そういうとき女性は「あなたって、まったくムードがないんだから。そういうことって、そんなふうにいうもんじゃないでしょ」と怒ったフリをするかもしれませんが、内心ではOKしているものです。

これは男のキャラクターにもよりますが、素直な態度が好感を持たれ、「しょうがない人ね」と受け入れてくれます。

母性本能は、甘えん坊の男を、まるで自分の子どものように「よしよし」してくれるのですが、これは同時に自分も「よしよししてもらいたい」という気持ちと紙一重なのです。

気になる女性とデートをした時にぜひこの方法を試してみてはいかがでしょうか。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る